整形外科医 瀬本喜啓のWebページ
Contents
側弯症
側弯症とは
手術以外の治療/手術
学校検診
よくあるご質問
診療している病院
所在地と詳細
外来診療の予約方法/他
瀬本への質問
ご注意/お問い合わせ先
プロフィール
略歴/専門医の資格
所属学会/手術実績/業績
--
このWebページの利用について
トップページへ
トップページ > 側弯症 > 瀬本永野式夜間装具(SNNB)
◇ 瀬本永野式夜間装具(SNNB)
--
夜間装具について

寝る時だけつける装具(夜間装具)の問い合わせが多くなっています。

できる限り患者さんに受け入れやすい装具をと考え、側弯症装具(SNNB)を開発しました。

一日中装具をつけることが最も良いと分かっていても、どうしても学校に装具を着けて行けない子供のためのものです。

ギプスで体の型を取ったあと(採型)1週間後に完成です。

SNNBの最大の特徴は、背骨の横への曲りを矯正すると同時にねじりが矯正できることです。そのためこの装具を数年着けることにより、肋骨の突出も改善するという特徴があります。

SNNB01

どのような人がこの装具を着けるとよいのでしょう。

1. 25度以下の未成熟期の側弯症-----詳しい説明 1へ >>

2. 25度以上の未成熟期の側弯症ですでに1日中着ける装具(23時間装具)をしているがどうしても学校に着けていけない人。------詳しい説明 2へ >>

3. 手術まで半年以上待っている人。----------詳しい説明 3へ >>

4. 体は成熟していて側弯の治療は必要ないといわれている人で、肋骨のとびだしが気になる人。------詳しい説明 4へ >>

当初強力な矯正力のためにこの装具を着け続けることは難しいのではないかと心配していましたが、現在までに本装具を使用した57名のうち、着けられなかった人は1名だけでした。

--

■日本側弯症学会での発表

クリックしていただくと別ウインドウにてPDFファイルをご覧いただけます。

●脊柱側弯症に対する瀬本・永野式夜間装具の開発(第46回日本側弯症学会) >>
●瀬本永野式夜間装具を用いた特発性側弯症の治療(第50回日本側弯症学会) >>

PDFファイルをご覧いただくにはプラグインが必要です。 PDFファイルがご覧いただけない場合は、下記ボタンのリンクよりプラグインをダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

--

■詳しい説明1

25度以下の未成熟期の側弯症

25度(または20度)以下の側弯症は装具を着けなくてもいいのでしょうか?

成長期の場合、少ないとはいえ弯曲が進行する人がいますので、もちろん着けたほうがいいのです。

しかし、学校に装具を着けて行くことは子供にとって身体的な負担よりも精神的な負担のほうが大きいのです。

25度以下の場合は、進行することを確認してから装具を勧めるというのが今までの治療方針でした。

しかし、寝る時だけ着ける夜間装具なら子供の精神的負担はほとんどありません。

また、強力な矯正力があるにもかかわらず身体的負担もあまり大きくありませんので、ほとんどの人が毎晩着用しています。

装具を着ける負担が少ないのであれば、曲がっていることは確かなのですから、進行するまで待つことなく装具をしたほうが良いのではないかしょうか。

このような考え方から、私は今まで装具治療を勧められなかった方にも夜間装具を処方しています。

このような軽症の場合は、寝る時に7〜8時間装具を着けることによって進行を予防できたと考えられる場合があります。

また、弯曲が良くなっていった人もいます。

症例 1(弯曲が改善された例)

xray02

ただし、進行したら必ず23時間装具を着けるという約束をしてから、夜間装具を作ります。

夜間装具にしがみついてはいけません。

--

■詳しい説明2

25度以上の未成熟期の側弯症で、すでに1日中着ける装具(23時間装具)をしているがどうしても学校に着けていけない人

25度以上の未成熟期の側弯症には、1日中着ける装具(23時間装具)が最善の治療法です。

しかし、どうしても着けられない患者さんもおられるでしょう。

では、そんな人はどうすればいいのでしょうか。

23時間装具を夜だけ着けている人もいるでしょう。
全く装具を着けていない人もいますが、帰宅後や寝る時だけ着けている人も多いようです。

どうしても学校に着けていけないのなら、23時間装具よりも強力な矯正力のある装具を寝る時だけ着けるという方法もあります。この装具を夜間装具といいます。

どうしても学校には着けていけない人に対する装具です。

安易に23時間装具をやめて夜間装具にするということは良くありません。

しかし、23時間装具を夜だけ着けるのであれば矯正力の大きい夜間装具を着けるほうがいいでしょう。

健康保険などを使う場合は、1年間に1つしか装具が作れませんが、加入している保険によっては2つめが作成できる場合もありますので、ご相談ください。

--

■詳しい説明3

手術まで半年以上待っている人

手術までの待機時に使用する目的でSNNBをつけます。

どうせ手術を受けるのだから、少しぐらい悪くなっても良いかと思っている人がいますが、半年、1年と治療せずに放置していると、やはり悪化する場合があります。

成熟前は弯曲が悪化します。また、成熟してからも悪化する場合があります。

症例 2(成熟後に急速に進行した例)

xray03

すでに成熟していると思われる場合でも、手術を決心するまでの待機期間に弯曲が進行することがあります。

--

■詳しい説明4

体は成熟していて側弯の治療は必要ないといわれている人で、肋骨のとびだしが気になる人

成熟後に弯曲の進行の心配がない場合でも、肋骨の突び出しが気になる場合は、外見上の変形を少しでも良くするという目的で1〜2年装具を使用することがあります。

ただし、この場合は弯曲が良くなるわけではありません。年齢的には20歳前後が限度です。

寝る時だけですので、パジャマでも着るつもりで気長にまた気楽に装着できます。

ストレスも少なく、肋骨の突出、特に左胸の前の肋骨の突出には効果的です。

このページのトップへ▲
Line
トップページ側弯症診療している病院 瀬本への質問プロフィール
このWebページの利用について
↑
Copyright© 2008- Yoshihiro SEMOTO M.D., Specialist of scoliosis, Japan. All rights reserved.
Side Shadow
Shadow