側弯症の患者さんのためのWebページ 整形外科医 瀬本喜啓

側弯症でお困りの方へ

Web上には、側弯症について無責任な意見や誤った知識が多く、側弯症の治療を専門としているものとして大きな危機感を持っています。
このWebページは、側弯症についての正しい知識を伝えるためのものです。
誠に申し訳ございませんが、私は小児側弯症の専門医につき、成人側弯症(20歳以上)の診察および治療は行っておりません。
また、現在手術は行っていませんので、手術については、手術を行っている病院でご相談ください。

重要なお知らせ

一般財団法人近江愛隣園 今津病院での側弯症外来・小児整形外科外来再開のお知らせ。


現在側弯症で通院中の患者さんへ

 2021年7月から、今津病院での側弯症・小児整形外科外来を再開します。
 昨年4月から当方の都合により今津病院での診察を中断し、大変ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。
 滋賀県、敦賀市、小浜市などにお住いの方で、すでに男山病院に転院された患者さんは、ご希望であれば当方で男山病院のレントゲンなどのデータや紹介状をお送りしますので、今津病院(または男山病院)までご連絡ください。
 診察日は月曜日と金曜日です。完全予約制です。遠方からおいでいただいても、予約がないと診察できないことがありますので必ず電話などで予約してください。
 初めて診察を受けられる方も受け付けています。紹介状やレントゲンが準備できない方も診察しますが、できる限り紹介状とレントゲン写真をご持参ください。
 セカンドオピニオンや手術の相談は行っていません。
 ただし、以前瀬本の治療を受けておられた方はご相談ください。
 診察は月曜日と金曜日の午前・午後としておりますが、再診の方で装具の作製や修理が必要な方はあらかじめ電話でお知らせください。(装具屋さんは予約が必要です)
側弯体操は月曜から土曜日に行っていますが、あらかじめリハビリ担当者との予約が必要です。

財団法人近江愛隣園今津病院

〒520-1605 滋賀県高島市今津町南新保87番地1
TEL:0740-22-2238(代表) FAX:0740-22-5125
 診療している病院 >>


初めて側弯の診察を希望される方へ

(2021年7月〜)
 今津病院、または男山病院に受診してください。
 診療している病院 >>

学校検診で側弯症といわれた人へ

学校検診で側弯症といわれた人は、きっとびっくりして何をすればいいのか戸惑っていることでしょう。
どこの病院に行けばいいのか迷っていることと思います。

いま、最も大事なことは、本当に側弯症なのかということです。
まず、整形外科のある病院に行きましょう。
近くの整形外科クリニックや診療所でもかまいません。

そして、背骨のレントゲンを撮ってもらいましょう。
レントゲンでまっすぐなら、まず心配はいりません。
もし、背骨が曲がっていると言われたら、側弯症を治療したことのある医師にかかりましょう。
そんな医者は知らないということであれば、次のホームページを開いてください。

https://www.sokuwan.jp/patient/docters_kanto.html

このホームページは、日本側彎症学会の会員が診察している医療機関の一覧です。
このページを初めに開くと関東地方になっているので、自分の住所の都道府県を開いてみてください。
移動などがあり、リストの医師が必ずしも現在その病院にいるとは限りませんので、まず電話で確認し、予約を取りましょう。予約なしで行っても診てもらえないことがあります。(...続く)

続きを読む

どうしても学校に側弯装具を着けて行けない子供さんへ

できる限り患者さんに受け入れやすい装具をと考え、夜間専用の 側弯症装具(SNNB)を開発しました。
一日中装具をつけることが最も良いと分かっていても、どうしても学校に装具を着けて行けない子供のためのものです。
このような子供さんがおられたら、一度ご相談ください。
このページの下の「◇夜間専用の側弯症装具」より詳しい説明をご覧ください。

■INFORMATION

「側弯症の表記について」


「そくわん症」「側湾症」「側わん症」「側弯症」「側彎症」「sokuwan」などホームページには色々と書かれていますが、どれが正しい書き方と思いますか。
●詳しい説明 >>